スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

all

DSC_0204 281_01小
カメラはシートに置いたまま。
すべてはこの目で。
ずっと行きたかった場所に行ってきた。
DSC_0234 311_01小

京都で、神戸で。
アウェイの試合は観たけれど、どうしてもホームで観たかった。
本当は埼玉ダービーのときに来たかったのだけれど、どうしても都合がつかず。
行くと決めたときはチームは調子がよくて、まさか4連敗後の試合を観ることになろうとは想像もしていなかったのだけど。

神戸でも何枚か撮れたので、是非ここでもと飛行機に乗せ、都内を引きずり回して持ってきたバケペン。
先にチェックインしたホテルからスタジアムまでは徒歩約30分弱とのことで、スナップしながら行くつもりが、いつものバックに入れ替えて担いだ途端に無理。笑
さすがの私も (笑) 日中の疲れがでたのか。
時間もそんなに余裕がなくて、これで知らない道をタイムロスなしで行く自信もなく、結局あきらめてタクシーでスタジアムに向かう。初めてバケペンが重いと感じた日。
結局2枚だけ撮ったきり、カメラはずっと置いたまま。

試合前のスタジアムは異様な雰囲気。
サッカー大国 ! さすがに関東なのだ。ホームもアウェイもない !!! しかも相手も連敗中・・・
そして蓋を開けてみれば、結局終始押され通しで、ホームゲームにもかかわらず、大敗してしまった。





・・・・・・・・・・。

でも。

昔なら、ただただ悔しくて仕方ないだけだったのに、来る前は、観るのが怖いと思ったりもしていたのに、そしてサポーターは大激怒していたけれど、私は不思議なくらい静かにゆるい風が吹き抜ける感じがしていた。
どうなってしまうんだろう・・・という不安ももちろんだけど、さあ、これをどうしていくんだろうか・・・という期待感みたいなものも生まれて。

大丈夫。
大丈夫。
今までだって大丈夫だったんだし、今度だってこれからだって大丈夫やわって。

今日のこの屈辱を「あの時はなぁ。笑」と、しっかりと肥やしにできた後に話す姿がちゃんと想像できる。
彼がいつも見ている場所は、ほんのすぐそこのことに留まってはいなくて。
もう少し、そしてもっともっと先、それも広い世界のところまで考えは及んでいる。

どんなことも目をそらさずに観たよ。この目で。
そしてちゃんと感じれるだけは感じてきた。

一般の人にとってのレジャーであることが、現場は壮絶な戦いと激務によって保たれているということも。

あああ、やっぱり男になりたい、私も。笑
「あほか。そんな簡単やないねんで。」と怒られそうだけど。

気の利いた慰めやねぎらいの言葉をかけることもできず。
でも、きっと、そんなものは欲しくもないだろうと思うから。
ただもう、どんなことがあろうとも、いつかは最終目的地にたどり着けますようにと応援するのみ。

頑張って !!!
尊敬すべき、わが先輩へ・・・。




Trackback

Trackback URL
http://kokokara1.blog69.fc2.com/tb.php/342-60484535

Comment

Comment Form
公開設定

profile

カオリ

Author:カオリ
--------------------------
management screen
Link
*
--------------------------
my HP
Breathing*
photos
flickr
fotologue
day by day
slow
tumblr
OSAKA-GA | 大 阪 画
diary
Ring*Ring*Ring


calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
mail to me

name:
mail:
title:
comment:

category
counter
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。