スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.

Untitled
人の気持を慮る。
祈るしかできない。




スポンサーサイト

浸透

Untitled
夜になって降り出した雨が乾いた土の上に落ちて沁み込んでいく。雨の匂いがする。おまちどうさん。
水滴を纏って嬉しそうにしているのを見たら、あの頃の私がちょうどこんな感じだったのかもしれないなと、何年か前のことを思ったりした。渇きは、悪いことではないんだな、きっと。
雨粒の一滴の嬉しさを感じとれることができるのだから。
強さを重ねて優しさを吸い込むことができるのだから。
晴れもいいけど雨もいい。
おやすみ、またあした。




鹿の股覗き

Untitled
こんな風景もたまには見える。笑




14番目の月

Untitled
次の満ちるへ




called me

160331_0533
 2014年の年明けに訪ねた場所を、この春再訪。撮った写真をさし上げるつもりが、準備が間に合わず、見せるだけでもとBOOKを携えて。近くにいたおじさんに写真を見せて、あのおじさんの居場所を尋ねると、「亡くなったんよ」と。言葉を失う。ちょうど訪ねた年の夏、台風被害の後片付けをしている最中に、トラクターでの事故だったらしい。
 あの時は猫が沢山いて、夢中になって撮っていると、鹿児島弁で話しかけられ、嬉しくなって暫く立ち話をしたのだった。両親の田舎が鹿児島なので、鹿児島弁のヒアリングは得意だからだ。また、写真を見せつつお話できたらいいなと楽しみに立ち寄って聞いた不幸。やるせなさでいっぱいになった。
 いつか、ちゃんと写真を持って伺おうと思う。ご家族の手になんとか渡ればいいな。生き物を育てる仕事をしている人の、温かさで溢れたおじさんの笑顔は最高だったのだから。
 奇しくもこの場所を再訪して最初に撮ったこの場所が、ちょうどおじさんの亡くなった場所だったのは後から気づいたのだけれど、呼ばれたとしか言いようがない。

+ Read More

八咫烏

Untitled
ちゃんと連れてってよ、頭朦朧だからね。暑。





雲と蜘蛛

Untitled




another piece

Untitled
あの時のあの写真をとお蔵入りを探し始めてたどり着いたら
その時思ったことと今とは違っていた。
その途中で見つけたのがこれ。
そんなものだ。




緑の穴

Untitled
深いのか浅いのか




re

Untitled
状況は変われど進化は止まらない。
どんな進化にしましょうか。




silky moon

Untitled
月がこんなに明るいということを初めて知った。
月が明るいと星も蛍も見えないと知った。
暗くないと見えないものもたくさんあるのだと知った。




can you seem ? and draw ?

IMG_2806
seeing is believing.
but must see more and more,




幻の光

150404_0591_01




quiet

FullSizeRender
静かな湖畔の
静かな湖畔の
静かな湖畔の
・・・・・
10人くらいで輪唱したら最後の人が歌い出す前に
最初の人は歌い終わってるな。笑




newest is best

FullSizeRender
ずっとそうありたいとおもふ





profile

カオリ

Author:カオリ
--------------------------
management screen
Link
*
--------------------------
my HP
Breathing*
photos
flickr
fotologue
day by day
slow
tumblr
OSAKA-GA | 大 阪 画
diary
Ring*Ring*Ring


calendar
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
mail to me

name:
mail:
title:
comment:

category
counter
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。